J-グローバル異文化プログラム – 管理職向け

エグゼクティブが集うグローバルな状況で、英語のレベルや通訳を問わず、自信に満ちた態度で振る舞い、VIP・メディア・顧客・パートナー・マネージャー・スタッフと関係を構築できるようになる。
外国人とのコミュニケーションができる、グローバルチームを構築する。異文化ビジネスの状況において、自分が知っている英語を使いながら、自信を持って英語でのミーティングに参加できるようになる。
海外の環境で、より早く、効果的にリーダーになる方法を学ぶ。 ビジネス文化を効果的に理解・活用して、戦略的な管理、販売、調査、生産目標などを時間通りに達成させる。長期的かつ意欲的なリーダーとして、ローカルスタッフを雇用・教育・維持する方法を学ぶ。
現地チームを、より生産性のある、意欲の高い集団にし、海外市場での成功へと導く方法を学ぶ。独自の「ハイブリッド」管理システム(日本とグローバルスタイルのミックス)を構築することによって、現地スタッフのモチベーションを高く保ち、スタッフを保持し、生産性を上げる。
チームメンバーの成長を促し、ビジネスの成功へとつなげる、「質問で導く」コーチング。相手への配慮があり、ポジティブな雰囲気が持続するフィードバックの方法を学ぶ。コーチング型のパフォーマンス管理をロールプレイする。
外国人スタッフのモチベーションを高め、忠誠心へとつなげる。リーダーとなり、国内勤務又は海外での運営を任せられるように、効果的に、雇用・研修・管理する。離職率の低下につなげる。
異なったビジネス文化を持つ市場・ステークホルダーに対応できるような準備をする。着任後からすぐに、戦略的マネジメント・営業・チームワーク等、目標達成のために、実力を発揮できるようになる。また、効果的に現地スタッフを雇用、訓練し、定着率を保つ。
生産力の高い、意欲的な現地チームを海外で結成する。現地スタッフのモチベーションや生産性をあげ、チームワークが取れるように、日本&グローバルのハイブリッドスタイルのマネジメント体制を作る。
グローバルチームを意欲づける、双方向型の会議やアクティビティの生み出し方を学ぶ。問題解決を促すコーチングスタイルのファシリテーションスキルを習得し、受講者同士でアイデアを交換し、ロールプレイ等で演習するセッションを設ける。
迅速で強力な意思決定を、対話式ボトムアップ形式と組み合わせて実行する。米海軍の緊急対策システムに基づき、ロジカルに意思決定を行い、そのスピードを加速する方法を学びます。講師は、元米海軍少佐(作戦実行隊長などを歴任)が担当。
女性従業員が、自信にあふれたビジネスリーダーになるためのセミナー。女性従業員が、将来輝くためのキャリアをプランし、昇進を勝ち取れるように手助けする。また、国内及び海外チームの業務を成功に導けるようにする。「メンター・スポンサーの活用」など、海外の視点が盛り込まれている。
ベテランスタッフ・マネージャーが、新たな役割を果たし、フレッシュに生まれ変わり、ビジネスの成功へより貢献できるようにする。ベテランスタッフのマインドセットを変え、新たな価値を生み出させる。退職に向けてのんびり構えるのではなく、メンター・グローバルサポート人材・チェンジエージェントとして、新たに活用する。
組織内で、自発的にイニシアチブをとれる人材を増やす。社内の改善・改革によって、どのようにステークホルダーが影響を受けるかを理解する。賛同を集め、変化を実行する各段階で、ステークホルダーをサポートできるようになる。
仕事と私生活、両面での成功につなげるための、ポジティブな対人能力を身につける。周囲に調和し、感情をコントロールする方法を学ぶ。従業員満足度を高め、受講者のマネジメントスキル向上へとつなげる。
スタッフのグローバルキャリア開発に対するモチベーションを高める。国内業務マネージャー・スタッフに、英語学習・コーチング型マネジメントなどのコミュニケーションスタイルやリーダーシップを変える必要性を実感させる。
革新的なビジネスソリューションを生み出すための、好奇心、情熱、スキルを育てる。素早くフレッシュに物事を見る方法を習得する。ビジネスで有益な変化を生み出す。 (ブレインストーミングスキル、変化への許容)
業務プロセスを、部門間協力が得られる形に再設計する。生産性、収益、意欲の向上につながる。ビジネスプロセスを改善することで、多様なチーム内での協力体制を築き、ステークホルダーの状況を理解し、収益に結びつく決断につなげる。
あらゆるパフォーマンスを向上させるために、自分では気づかないブラインドスポット(盲点)、築くべき強み、優先順位について、ピア・トゥ・ピアラーニングで学びます。 360度評価アンケートや、フォローアップのコーチングによって、従業員の満足度スコアを改善し、苦情を修正し、個人とチームの成功へと促します。
グローバルビジネスにに関わる取締役・本部長クラス以上の方対象。バイリンガル外国人コーチと1-1で話し合います。ビジョンを明確にし、多様なステークホルダーとともに明確な目標とロードマップを持たなければ、戦略実現は難しいです。企業文化を非日本人に説明し、成功に導けるようになる。
グローバル成長のために、より明確なコミュニケーションを取り、生産性を上げつつ質とチームワークを保持する。赴任先でスタッフの意欲や定着率、生産性を高め、効果的なグローバルチームワークが取れるように、日本・グローバルのハイブリット式マネジメント体制を整える。
ビジョンと目的を明確にして、海外スタッフ・ステークホルダーに伝える。グローバル企業文化を作り、行動指針・価値観・行動原則を示し、パフォーマンスを高める。 ビジネス文化のギャップを解決する。
新市場で革新的な製品を生み出すため、レッドオーシャンXブルーオーシャンの相乗効果を創出する。日本のチームベースの「改善」スタイルを活用し、レッドオーシャンとブルーオーシャンの両市場で強くなれるように、グローバルなパートナーと共に、イノベーションを計画的に生み出す。
多様な価値観と働き方をするチームメンバーの相互支援を可能にし、共通の目標を達成させる。「なぜ」共に働き、互いに助け合うかを明確にすることで、チームが各個人の役割、マイルストーン、共有の「ビックドリーム」について話し合うようにさせる。
従業員がグローバルビジネスで必須のマインドセットやスキルを身につけられるように、研修・学習開発アクティビティを最適化する。人材戦略とシステムを、企業のニーズ・基準と一体化させる。→測定可能な価値を創出する。
エグゼクティブとの会議を開催して、グローバル戦略を計画します。バイリンガルの外部講師は、グローバルな視点からの洞察・グループプレゼンテーションやディスカッションのファシリテーション・レクチャーを行います。海外市場の課題やチャンス、選択肢などについて、活気溢れるディスカッションへと導きます。