J-グローバル異文化プログラム – 従業員向け

オープンコミュニケーションの20ルールを学習する。より迅速かつ効率的な英語学習について、モチベーションを高める。異文化ビジネスの状況において、自分が知っている英語を使いながら、自信を持って英語でのミーティングに参加できるようになる。
グローバルビジネスに不可欠な英語でコミュニケーションが取れる人材を育成する。英語を話したり、学習することに、前向きな態度を示すようになる。戸惑いや苦手意識を取り除き、英語を話すモチベーションを高める。
途中であきらめることなく、自己学習のベスト方法を見つけることができるように、英語学習のモチベーションを高める。簡単で楽しいアクティビティやロールプレイを通して、自身のある「英語の人格」を形成し、役立つグローバルビジネスコミュニケーションスキルを練習する。
中級レベルのビジネス英語コミュニケーションを楽しみ、意欲的に学習し、グローバルに実力を発揮できるようになる。プレゼンテーション・ミーティング・ライティング・交渉など、グローバルコミュニケーションでの様々なアプローチを習得する。
仕事の時間を削らずに、短いランチ/朝食の時間のセミナーで交流を深め、英語を学習する意欲を高める。英語コミュニケーションについて、双方向で学べる。任意で、実務上のビジネスについて英語を使って話し合う。
内定者に、グローバルビジネスの準備をさせましょう!楽しいグループワークによって、同期とのコミュニケーションも深まり、互いに成長し、定着率アップにもつながります。研修内では、楽しく実践的なロールプレイも行い、採用後の研修との連携も可能です。
英語初学者のモチベーションを高め、実践的なロールプレイを通して自信を身に付ける。英語学習に対するモチベーションを高め、学習を持続させる。ベストな自己学習方法を見つける。
日本のビジネス文化を学び、同僚・上司が期待していることを理解しましょう。トラブルを防ぎ、外国人スタッフの満足度&定着率を高めます。 外国人新人スタッフは、「自分から動ける人材」へと変わります。日本勤務の外国人が陥る状況を分析し、その原因を説明します。成功事例を併せて紹介し、ロールプレイで定着させます。
ポジティブ・マインドセットを持ち、日本と異なる文化に対して理解できるようになる。英語学習やグローバルキャリアに興味を持たせる→グローバルな仕事に取り組む準備を整える。
あらゆる現実のビジネス状況に対して、自信のあるコミュニケーションスキルを身につけ、英語を使いグローバルキャリアを歩むモチベーションを高める。グローバルビジネスの意味と楽しさを示す、ポジティブな課題を提供し、新入社員を育成し、定着させる。
様々な双方向型アクティビティを通し、鍵となるコミュニケーションスキルを培う。将来のグローバルリーダー候補生が、グローバルコミュニケーションスキルを伸ばしながら、意欲的に英語学習プログラムを終了できるようサポートする。グローバルニーズのある他の従業員もサポートする。
グローバルコミュニケーション、スキルの習得、新たなひらめきを生み出す土台を強化する。前向きなグローバルマインドセットを身につける。保守的・ドメスティックなマインドセットをなくす。進んで自らイノベーションを起こし、自分のスキルを磨くようになる。
外国人に対して、会議やイベント、営業等を行う際に、明確に説得力をもって話せるようになる。アイデアや商品を提案する際に、協力や支援を求めることに成功する。世界で通用するスライドの作り方&実際の作成を研修内で行える。
グローバル会議をより意欲的なものへ変え、チームワークを築き、効果的な計画を立てられるようになる。英語でのコミュニケーションに自信が持てるようになる。日本人が苦手なビデオ/電話会議でのミスを防ぐ。
明確で説得力のある技法で、グローバルに対応したスピードで交渉する 。双方に有利な解決策を見出す。異文化交渉のマインドセットやスキルを育て、グローバルでのビジネス成功率を上げる。
国際業務での、メールで起こるトラブル・納期の遅れなどを未然に防ぐ。短く、簡潔に「相手を動かす」文面を学ぶ。感謝から始め、明確な締め切り・締め切りの理由・相手のメリットを書く。添付ファイル/CCのグローバルマナーなど。
海外赴任者が、現地について異文化コミュニケーションの観点から学ぶ。ローカルスタッフのモチベーションを高め、マネジメントし、現地の顧客やパートナーとコミュニケーションする方法を習得する。文化のギャップをケーススタディとロールプレイを用いて学ぶ。 (例)中国・インド・ASEANなど
グローバルな相手を理解し、関係者のモチベーションを高めることができる、自信に満ちたリーダーになる。日本の「高コンテクスト」なチームベースの孔子型の働き方がどのように誤解されているかを理解し、効果的なハイブリッドスタイルを生み出す。
外国人スタッフが勤務2年目に入る前に、モチベーションを高めて離職を防ぎ、社内でのキャリアアップへと導くセミナー。 社内日本人スタッフと協力し、上司が何を求めているかを理解させ、スタッフ自身もコーチングを学ぶ。 日本流の確認、報・連・相、チームベースの働き方のメリットを学ぶ。
日本に派遣された外国人スタッフ・外国に派遣された日本人スタッフが対象。日本組織のチームベース&海外の個人ベースの働き方、組織構造、マインドセットの違い等を理解する。管理者・研究者や、その他専門職・総合職が対象。
ユニークな価値観を提供することで、顧客満足度を高め、より高値でサービスを販売する。 グローバル人材と国内人材を組み合わせ、ローカル市場へのバリュー販売を作り出すことで、収益を上げる。
ユニークな販売力をグローバルに広められるように、各ローカル市場のニーズに合うように調整する。海外の顧客が日本人の価値観やコミュニケーションをどのように受け止めているか理解する。世界と国内両方での成功を実現するために、マーケティング技法やベストプラクティスを習得する。
多様な顧客との文化的ギャップを理解し、ニーズを確認しフィードバックを尋ねることで、付加価値の高いサービスを提供する。フォーマルさの度合い、相手に気持ちよく過ごしてもらう対応・情報共有など、自分たちの実務につながるトピックを話し合い、日本とグローバル間でのおもてなしの違いを理解し、克服する。
明確にコミュニケーションをし、プロセスを共有することで、グローバルベンダーとのチームワークや、仕事の質を改善する。最適なサービスを提供するために、契約の交渉やパフォーマンスマネジメントなど、グローバル&国内ベンダーとの効果的な仕事の方法を理解する。
将来有望な社員のリーダーシップスキルを構築し、グローバルビジネスでの失敗を未然に防ぐ。 若い社員(様々な部門ミックス)に、海外市場について調査させ、「社内のグローバル化」について計画させる。英語を使って行う。
貴社のグローバル&ローカルチームの力を合わせて、ローカル市場向けの販売ツールを作成し、収益を増やしましょう。 バリューセリングを行い、マーケティングで成果を出すにあたって必要なコーチングスキル、シナジーを構築します。グローバルプロジェクト管理での失敗を防ぎます。

異文化・多様性の課題に取り組む日本企業・部署をバイリンガルで日常的にする。アドバイスを提供し、ベストプラクティスについてコーチングする。多様な人材の管理、製造、マーケティング、営業などに向けて、多文化に対応したサービスを提供します。