It's time to J-Globalize your business

Intercultural communication and global business success programs like no other

コーチング型のフィードバック

&パフォーマンス管理

チームメンバーの成長を促す、

「質問で導く」コーチング

昔ながらの日本人男性のトップダウン方式だと、

誤解が生じたり、生産性が低くなってしまう。

外国人や若手・女性といった

多様性のあるスタッフは、意欲が下がってしまう。

自分達のアイデアを取り入れて話し合う

双方向型のスタイルが好まれる。

 

コーチング型の管理スキルを習得し、

コミュニケーションとモチベーションを改善し、

パフォーマンスを高めましょう。

日本の企業のやり方、考え方を細かく分析しており、外国の企業との比較も使い、これからのグローバル化に対してよりチャレンジをしてみたいと思えた。実際に新入社員が直面した問題を例にしながら、その対処法などを学べて有益だった。

</p> <p>不動産サポート会社</p> <p>地方営業部長</p> <p>

ポジティブにコーチングをし、相手のやる気を引き出すことの重要性を感じました。また、positiveな質問方法、話しかけ方を学ぶことができてよかったです。

</p> <p>システムインテグレーション企業</p> <p>R&Dマネージャー</p> <p>

英語のフレーズが何回も出てきたので、実務ですぐに役立つと感じました。何となく異文化については理解していたつもりでしたが、ここまで大きなギャップがあるのは新たな発見でした。また、質問の仕方(yes, butを使いがちなので、)を勉強できて良かった 

</p> <p>ドキュメントソリューション企業</p> <p>プロダクトデザイナー</p> <p>, ロジスティック会社

本研修の目的:

  • コーチング型の管理方法を習得する。パフォーマンスの向上、個人の成長、相手への配慮、ポジティブな雰囲気といったメリットのあるフィードバックの方法を身につける。

対象者

  • 業務管理をする必要のあるマネージャー
  • 特に、外国人従業員を部下に持つマネージャー

受講者の利点

  • ビジネスと個人の両方が成長するように、スタッフの意欲を高めることができる。
  • ポジティブな質問や、褒める形式によって、スタッフを育成し、満足度を高められる。
  • スタッフのスキルや積極性が増し、自分で動けるようになる。そのため、マネージャー自身は、より優先度の高い仕事に取り組めるようになる。
  • ハラスメントを避け、トラブルや突然の離職を未然に防げる。
  • 問題のあるスタッフに対して、挽回のチャンスや改善の道を与え、良い方向へ導ける。
研修の方法

  • セミナーの流れ、課題意識、コミュニケーション、ディスカッション、ロールプレイの方法を共有する。ペア/グループワーク中心。
  • 多様なスタッフの文化・目標・価値観の違いを理解する。価値観や仕事の質、議論の仕方、時間の使い方、意思決定などの常識が、国によって異なることを理解する。
  • 自身をよりコーチングスタイルに近づける方法を習得する。スタッフの動向を理解できるようになり、スタッフ自らも、意見を明確に伝えるようになる。
  • 会議の仕方・計画立案の仕方について練習し、SMART目標設定&フィードバック会話のロールプレイをする。また、個人の改善計画のためのツールの使い方を習得する。
  • (注:この研修プログラムの前に、グローバル英語マインドセット、異文化コミュニケーション、or グローバルマインドセットに参加することで、更に効果がアップします。)

本セミナーの特徴

  • 部下の意見の聞き方、管理方法、部下のマインドセットの変え方

生産性を高め、明確なキャリア目標達成へ導く。

  • よりポジティブな職場の作り方

意欲的で効果的なチームワークを育て、スタッフの定着率を上げる。

タイムテーブル:  1日セミナー

 

時間 項目 内容
09:00 目標&グローバル

コミュニケーションの

スタイル

イントロダクション&目的、ピアツーピア学習とポジティブマインドセット、

パフォーマンス管理(傾向と成功要因)、オープンコミュニケーション、ニーズと目標

09:20 異文化リーダーシップ
西洋・アジア vs 日本の管理スタイル、よくある問題/ギャップのブレインストーム
低コンテクスト&ソクラテス型コミュニケーション、

チームベース(アメーバ型) vs 個人ベース(マトリックス型)の責任、

共通のコミュニケーションスタイルを作るためにギャップをどのように克服するか <10分休憩>

成長マインドセット:クイズ、リサーチ、ディスカッション、実務への応用
11:00 コーチングスタイルの利点 状況別リーダーシップ、コーチングの利点、質問で導く、尊重を示したマネジメント:

プロフェッショナルに準備し、細心の注意を払い、対話式の会議で、明確な結果を出す <昼食60分>

13:00 コーチングスタイルの

マネジメント

ケーススタディ- 「一方通行のマネジメント」
三段階の聞き方:アクティブリスニング、感謝を込めた聞き方、 努力に感謝する、「当たり前のこと」が出来ていたら褒める、 G.R.O.W. モデル(目標、現状、選択肢、前進する)、リーダー対リーダーのコミュニケーション(「私は…するつもりだ。」、考えを声に出して共有する、認証 vs 報告) <10分休憩>
ケーススタディとロールプレイ:ペアでコーチング
14:40 目標設定&進捗管理
ゴール・業績評価(KP)についての、ありがちな課題 (グループディスカッション)

「Whyから始める」 – S.M.A.R.T ゴールの設定、マイルストーン、KPI測定、継続的なフィードバック:

1. グローバル「報・連・相」(協力型情報共有)、 2. 「ビックロック」型スピード会議、グローバル改善

(継続的なボトムアップ型イノベーション)

目標設定型の人事評価ロールプレイ

– フィードバックチェックリストとパートナー/トレイナーによるフィードバック付き <10分休憩>

16:00 フィードバックの

与え方

コーチングスタイルのフィードバック、意見とソリューションを引き出す、キャリア目標&計画、強みを伸ばす、

昇進・利益・ジョブローテーションについて理解する。「キス―キックーキス」、褒めるコーチング、フィードバックによるマネジメント。「失敗を生かす」。

部下への介入: PIP(業績改善計画)の実例とベストプラクティス
次回の、自分の部下へのフィードバックインタビューを計画する- ペアでコーチングロールプレイ
16:55  まとめ 私の次のステップ/考察

Program design by Jon James Lynch and J-Global facilitators. Copyright K.K. J-Global 2018. All rights reserved

Communication

Programs

Leadership

Programs

Success

Programs